考えたことログ

思ったこと、考えたことを書いていきます。

楽になりたい。

 

みなせです。

気づけば9月。秋が近づいてきました。

とはいえまだまだ暑いです。最近、近所を散歩したりしてますが、数年ぶりくらいに蚊にめちゃくちゃ刺されました(笑)これもまた夏!って感じがしますね。

 

新型コロナの感染者数が再度減ってきて、少し落ち着いてきてます。ただ、感染症が恐ろしい冬も刻一刻と近づいてます。まだまだ出口が見えない日々です。

私自身も病院で勤務している人間ではありますが、直接新型コロナに感染された方との関わりはないところにいます。が、だからこそ、自分自身が感染し、感染源となってしまうことは恐怖ではあります。できる範囲で、慎重にならざるを得ません。

(めちゃくちゃ余談なんですけど、個人的に集団感染=クラスターっていうのに非常に抵抗があります。私がヲタクになったきっかけのアニメが「クラスターエッジ」だからです。クラスターが余りよろしくない雰囲気で使われてる・・・・!!って日々なってますし、クラスターって聞くたびにちょっと反応してます(笑))

ただ、ウイルスという目に見えないものから完全・完璧に身を守るのは難しいし、そもそもなりたくて病気になったわけではない。でも、周囲からの目は厳しい世の中です。

専門的な知識を持つ人々ばかりの病院の中でさえも、偏見の目は消えません。

恐怖というものは人の視野を狭めるんだなぁって、改めて思います。ただ、それが悪いことだとは決して思いません。防衛本能は誰にでもありますし、正常な反応です。

 

元来、私は人と関わるということが苦手です。距離感の加減がわからないというのが正解なのかもしれません。幼少期からの経験の結果、人と距離を非常に取ってしまう性質が生まれてしまい、さらには「人に関わらないのが最善」という認識を持ってしまいました。これもまた、防衛本能です。

でも、残念ながら、人と関わらずに生きていくのは難しいし、孤独というものと向き合わないといけなくなります。

100%安全・安楽って、すごく難しいです。どこかで折り合いをつけなきゃいけない。

一人でいたいけど、一人は寂しい。その「間」を、どうにかして作っていくこと。

今までやってこなかったことをやるのってすごく怖いことです。自分と向き合い、そして、他者と向き合い、そうやって形成していかないといけないわけです。

その途方もない作業工程を考えると、もうやめたくなります。

色々、小難しく考えすぎですね。

「疲れてるから、一人でいたい」「寂しいから誰かといたい」「話がしたい」

それだけのことなんです。でも、考えようと思えばどれだけだって考えることができちゃいます。「普通とは」「信頼とは」っていう定義を求めてしまいます。それもまた、安心を求めてるからなんです。自分は正しいと、誰か・何かに証明してもらいたい。

じゃあ、何を持って正しいんですかね?

多数派だから正しいってわけじゃない。頭の良い人が考えたから正しいってわけでもない。

世の中は、正論だけで生きていけるわけでもないのです。

算数みたいに、答えは一つじゃないですよね。それが楽しくもあるんですが。

人の話を聞くのって、すごく面白いですし好きです。どうやら私は話しやすい?言いやすい雰囲気があるようで、いろんな人の話を聞くことができるので、非常にありがたいです。

それによって軸がブレブレになってしまうことや情報の取り扱いに慎重にならないとという緊張感もあったりしますが、基本的には頑固な人間なので、自分のやりたいことに関してはそこまでぶれたりはしません(笑)

ただ、私のように視野の狭い人間は、時にたくさんの情報に混乱を来します。

正論・正解、そして、周囲の評価を求めすぎているんです。

「もっと楽に生きれば良いのに」

「自分軸で考えれば良いのに」

そう言われます。そうしたいのは山々なんですけど、うまくいかないです。

 

www.youtube.com

 

「生きることに楽になりたい」/藤間桜天城サリー

 

ちょうど今の推しのキャラクターソングが、そんな曲だったので「めっちゃわかる!!!」って思いながら聴いてます。(そして、推しは今日も可愛いです。早くライブで黄色いサイリウム振りながらHEY!って叫びたい。)

どんな人も、「楽をしなきゃ生きていけない」。

平和とは言いませんけど、もっと楽に生きていきたいですね。

 

そして、ナナニジのライブで盛り上がれる日が早くきてほしい・・・・。

 

 

楽になりたい。

 

みなせです。

気づけば9月。秋が近づいてきました。

とはいえまだまだ暑いです。最近、近所を散歩したりしてますが、数年ぶりくらいに蚊にめちゃくちゃ刺されました(笑)これもまた夏!って感じがしますね。

 

新型コロナの感染者数が再度減ってきて、少し落ち着いてきてます。ただ、感染症が恐ろしい冬も刻一刻と近づいてます。まだまだ出口が見えない日々です。

私自身も病院で勤務している人間ではありますが、直接新型コロナに感染された方との関わりはないところにいます。が、だからこそ、自分自身が感染し、感染源となってしまうことは恐怖ではあります。できる範囲で、慎重にならざるを得ません。

(めちゃくちゃ余談なんですけど、個人的に集団感染=クラスターっていうのに非常に抵抗があります。私がヲタクになったきっかけのアニメが「クラスターエッジ」だからです。クラスターが余りよろしくない雰囲気で使われてる・・・・!!って日々なってますし、クラスターって聞くたびにちょっと反応してます(笑))

ただ、ウイルスという目に見えないものから完全・完璧に身を守るのは難しいし、そもそもなりたくて病気になったわけではない。でも、周囲からの目は厳しい世の中です。

専門的な知識を持つ人々ばかりの病院の中でさえも、偏見の目は消えません。

恐怖というものは人の視野を狭めるんだなぁって、改めて思います。ただ、それが悪いことだとは決して思いません。防衛本能は誰にでもありますし、正常な反応です。

 

元来、私は人と関わるということが苦手です。距離感の加減がわからないというのが正解なのかもしれません。幼少期からの経験の結果、人と距離を非常に取ってしまう性質が生まれてしまい、さらには「人に関わらないのが最善」という認識を持ってしまいました。これもまた、防衛本能です。

でも、残念ながら、人と関わらずに生きていくのは難しいし、孤独というものと向き合わないといけなくなります。

100%安全・安楽って、すごく難しいです。どこかで折り合いをつけなきゃいけない。

一人でいたいけど、一人は寂しい。その「間」を、どうにかして作っていくこと。

今までやってこなかったことをやるのってすごく怖いことです。自分と向き合い、そして、他者と向き合い、そうやって形成していかないといけないわけです。

その途方もない作業工程を考えると、もうやめたくなります。

色々、小難しく考えすぎですね。

「疲れてるから、一人でいたい」「寂しいから誰かといたい」「話がしたい」

それだけのことなんです。でも、考えようと思えばどれだけだって考えることができちゃいます。「普通とは」「信頼とは」っていう定義を求めてしまいます。それもまた、安心を求めてるからなんです。自分は正しいと、誰か・何かに証明してもらいたい。

じゃあ、何を持って正しいんですかね?

多数派だから正しいってわけじゃない。頭の良い人が考えたから正しいってわけでもない。

世の中は、正論だけで生きていけるわけでもないのです。

算数みたいに、答えは一つじゃないですよね。それが楽しくもあるんですが。

人の話を聞くのって、すごく面白いですし好きです。どうやら私は話しやすい?言いやすい雰囲気があるようで、いろんな人の話を聞くことができるので、非常にありがたいです。

それによって軸がブレブレになってしまうことや情報の取り扱いに慎重にならないとという緊張感もあったりしますが、基本的には頑固な人間なので、自分のやりたいことに関してはそこまでぶれたりはしません(笑)

ただ、私のように視野の狭い人間は、時にたくさんの情報に混乱を来します。

正論・正解、そして、周囲の評価を求めすぎているんです。

「もっと楽に生きれば良いのに」

「自分軸で考えれば良いのに」

そう言われます。そうしたいのは山々なんですけど、うまくいかないです。

 

www.youtube.com

 

「生きることに楽になりたい」/藤間桜天城サリー

 

ちょうど今の推しのキャラクターソングが、そんな曲だったので「めっちゃわかる!!!」って思いながら聴いてます。(そして、推しは今日も可愛いです。早くライブで黄色いサイリウム振りながらHEY!って叫びたい。)

どんな人も、「楽をしなきゃ生きていけない」。

平和とは言いませんけど、もっと楽に生きていきたいですね。

 

そして、ナナニジのライブで盛り上がれる日が早くきてほしい・・・・。

 

 

好きなもの。

みなせです。

ブログを書くのが久しぶりです。

元々文章を書くことが好きなのですが、「書きたい!書きたくてたまらない!」みたいにならないと書けないという人間なので、結構三日坊主で終わっちゃうのでこのブログももしかしたらこれを最後に数ヶ月とか数年とか眠りについてしまうかもしれません。

ちょっと前までライヴとかで歌ったりしていたのですが、そこから少し離れて純粋にヲタクを満喫したいと思っております。今でも歌うことが好きだし時々歌ってます。カラオケに行けないのがしんどい今日この頃。新しい生活様式とやらに慣れるのに必死な昨今ではありますが、まだまだ未熟な面が多々あるので、少しずつ成長できる期間になればいいです。

歌うこと以外にも、私自身すごく「考える」という工程が好きだったりします。それをアウトプットできる場所にしてもいいかなぁ・・・。と思ってます。どうぞよろしくお願いします。

 

で今回は、

 

渡辺麻友が芸能界引退!健康上の理由 AKB神7初(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

今日一衝撃のニュースでした。

 

私にとってアイドルは、物心つく前から結構身近にあった存在です。両親がアイドルが好きだったようで、家ではSMAPのライブビデオを見たり、80年代のアイドルのCDを車のステレオで聞いたりしていました。私自身も、今も2次元から3次元まで幅広くアイドルを推してます。

今現在は「22/7」を全力で推しているわけですが、これもたまたま深夜まで見てたTVでアニメが放送されて、それのEDテーマ(ソロ曲)がめっちゃ好みだったからっていう理由なんですよね。本当に偶然の賜物でしかないわけです。(秋元康プロデュースアイドルは大概ハマってるんでまぁ、当然の結果だったと言えばそうなんですが。)

アイドルを推すことに関して考えるようになったのは、「Wake Up, Girls!」というグループが気になっていたのに、1年に1回とか思い出して聴いている程度だったんです。で、ライブ行こうかなぁとか思ってた矢先に「解散」が発表されてしまい結構ショックだったこと。

そして「SMAP」の解散。これからも5人で歌ってる姿をみられると思っていたのに・・・と悲しかったこと。この2つの出来事から「推そうと思った時に推さないと後悔する」という考えが生まれました。

 

アイドルって、キラキラしてて、みんなに元気を与えてくれる存在だと思っています。でも、ずっと光り輝いていられるわけではない。永遠じゃない。だからこそ、そのエネルギーをもらえるのだと思うし、その輝いてる瞬間を応援することが楽しいのだと思ってます。

決して、「光り輝く=若い子」ってわけじゃないですよ。その一瞬は、その人によって長さは違います。でも、推しの「今」は「今」しかありません。もしかしたら、明日になったらいなくなっているかもしれないのです。

今推してる子に会えた偶然に感謝して、永遠にその子がアイドルであると思わず、この一瞬一瞬を応援するのが、アイドルヲタクの醍醐味じゃないかなぁと。

もちろん、アイドルから次のステップに行く姿を応援できるのも醍醐味だと思います。

 

 

AKBは、多分テレビで流れていたようなシングルの表題曲しか知らないんですけど、それなりに好きではありました。それに、やっぱり平成(2000年代?)を代表するアイドルグループだと思います。AKBの中で好きだったのは?と言われると、「まゆゆ」でした。彼女自身もヲタクでしたし、キャラの濃さやブレなさはまさにプロで、そんな姿が好きでした。私の中で、AKBの中で唯一のアイドル像を持った子だったと思ってます。平成最後のアイドルだったと思います。これからもっと女優さんとして輝いていく姿をみたいな、時々番組内だけでもいいから歌ってほしいなと思ってたんですが・・・。ゆっくり休んで、一人の人としての人生を謳歌してほしいなと思います。

 

好きなものを応援するのは今しかない。

 

これはアイドルじゃなくても言えることだと思います。

 

また別の話になりますが、数年後にまゆゆのアルバムを聴いて、「こんな素敵なアイドルがいたんだよなぁ。」と思えるのも、ちょっとした楽しみです。22/7も聞いてますけど、WUGだって、SMAPだって今も聴いてます。CDやDVDではずっと彼女たち・彼らはアイドルです。それに、好きなものと好きだった記憶って色褪せないですから。

 

・・・と、こんな感じに書いていけたらいいなぁと思ってます。また何か思いついたら書きます。暇な時にでも読んで、少しでも共感できる場所があったら嬉しいです。